カテゴリー別アーカイブ: 恋愛

愛人契約

当時、僕には愛人がいた。愛人と言うからには、僕には本妻が存在した。ただし、夫婦仲は最悪で離婚の一歩手前だった。
そんな折、僕と愛人契約を交わしたのが、当時23歳だったアズミと言う女性だった。
実はその頃、アズミには同棲している恋人がいた。
その男と言うのがどうしようもない男で、夢ばかり追いかける自立能力がないアズミのヒモのような存在だったそうだ。
人づきあいが苦手でアズミ以外には心を開かず、誰かの指示を受けて働きたくないと、自分で事業を起こしては失敗して借金を繰り返す、そんな男だった。
実質、アズミの稼ぎで生活しているようなもので、生活は困窮。たまった借金を返すために、アズミは愛人募集を始めたのだ。
「惚れた弱みなんだよねえ」
そんな男と別れたらいいのにと言うと、アズミは僕をフェラしてくれながらそう言った。
自分以外の人間には心を閉ざしている彼のことが愛おしくたまらないのだそうだ。
さすがに、彼に悪いから、とセックスはさせてもらえなかったが、二人で会っている時は愛人契約に則って、かわいい愛人を演じてくれていた。
愛人募集掲示板
別に僕は、その彼からアズミを寝取る気はなかったのだが、何とか彼と別れさせて借金地獄から解放させてあげたいと思ったものだ。
しかし、アズミは別れなかった。僕と話していても、時折、愚痴っぽくなったことはあったが、言葉の端々から彼への愛は感じられた。
だが、やがて彼は新事業で一山あてたのである。それによって、借金も返済したアズミは、これまで援助してくれたお礼を僕に述べて愛人契約は解消された。
めでたしめでたし、なのだろうか。僕はアズミを通じて、そのどうしようもない男に投資していたようなものなのだ。気分は複雑だった。
それからしばらくして、僕はアズミの名前を再び愛人募集掲示板で見かけた。
もう愛人契約をする必要はないのに、どうしたことだろうか。
よくよく考えれば、自分の女に他の男のチンコを咥えさせてその儲けを吸い取っていたような男なのだ。そんな性根の男に何をやらせてもうまくいくはずがない。
それでも、アズミはそんな男のことが大好きで再び他の男のチンコを咥えにこの世界に舞い戻ったのだろう。ある意味、それは幸せなことなのかもしれない。
即ハボ
セフレの作り方